脱毛石鹸の顔への効果とは?

今話題の脱毛石鹸。
脱毛石鹸とは、除毛効果や抑毛効果を含む石鹸のこと。
残念ながら毛が再び生えない状態にすることは出来ません。
本来の脱毛とは少し違うわけですね。
しかし、女子にとってはムダ毛は気になる厄介者。
石鹸で少しでもムダ毛処理の手間をなくせたら嬉しいですよね。
顔にも使える?と気になっている方も多いのではないでしょうか。

 

除毛効果のある脱毛石鹸には、タンパク質を溶かす「チオグリコール酸」という成分が含まれています。
これは除毛クリームなどにも使われている刺激の強い成分です。
毛は約90%がケラチンというタンパク質で出来ているので、それを溶かすために配合されているんですね。
ところが私たちの肌も、約30%はタンパク質で出来ています。
チオグリコール酸は除毛してくれる反面、肌に大きな負担をかけてしまいます。
人によっては赤くなったり、ヒリヒリして痛くなる場合もあります。
特にアレルギーを持っている方や敏感肌の方は、使用自体を控えたほうがいいでしょう。

 

抑毛効果のある脱毛石鹸は商品によって成分が異なりますが、大豆由来の成分が入っていることが多いです。
大豆由来の成分とは、豆乳発酵液や、よく耳にする大豆エキスなどですね。
大豆には「イソフラボン」という、女性ホルモンのエストロゲンと同様の働きをする成分が含まれています。
エストロゲンは女性らしい柔らかい体を作ったり、コラーゲンを生成を促し美肌をもたらしてくれます。
この大豆由来の成分が含まれた脱毛石鹸は、使用し続けることにより緩やかな抑毛効果を期待できます。
しかし、イソフラボンは誰にでも効果があるわけではありません。
日本人女性の約50%しか、イソフラボンの効果を得られないんです。
自分に効果があるかどうかは「ソイチェック」という尿検査でわかりますが、脱毛を石鹸で済ませたい方にとっては少し手間かもしれません。

 

チオグリコール酸が含まれる除毛効果のある脱毛石鹸については、刺激が強い成分のため、肌トラブルを引き起こす可能性が高くなります。
顔や粘膜部分、VIOへの使用はなるべく避けたほうが良いでしょう。
大豆由来の成分が含まれる抑毛効果のある脱毛石鹸については、人によってはかゆみや肌荒れを引き起こすこともあります。
顔へ使用する場合は刺激の少ない成分を配合している脱毛石鹸を選び、使用前には必ずパッチテストを行い、自分の肌に合うか試してみましょう。