脱毛石鹸

ムダ毛が気になる部位に塗るだけで簡単に除毛が出来る脱毛石鹸、

 

使ってみたいけど、数が多すぎてどれを利用したら良いか分からない…という方は必見!

 

通販で購入出来る脱毛石鹸を価格、コスパ、効果で比較して、ランキング形式でご紹介しています。

脱毛石鹸おすすめランキング

脱毛クリーム/シェリークリア

ディー・レジーナ・エピ・プレミアムの特徴
ディー・レジーナ・エピ・プレミアムは・・・
価格
480
評価
評価5
備考
初回480円/全額返金保障あり

脱毛クリーム/シェリークリア

シェリークリアの特徴
シェリークリアは・・・
価格
480
評価
評価4
備考
初回480円/全額返金保障あり

脱毛クリーム/プレミアムリムーバーミルク

プレミアムリムーバーミルクの特徴
プレミアムリムーバーミルクは・・・
価格
3218
評価
評価3
備考
お得な定期購入あり
 

脱毛石鹸の効果的な使い方

最近にわかに注目を集めている脱毛ケアに脱毛石鹸があります。
脱毛石鹸というのは、体を石鹸で洗っていくうちに少しずつムダ毛が脱毛できて、長期使用によりツルツルのお肌になることができると評判です。
他の脱毛ケア製品と比較しても、面倒臭さが全くなく普段通りに入浴時に体を洗うだけなので非常に簡単で便利なのです。
脱毛石鹸の効果的な使い方のポイントを一つずつ見ていきましょう。

 

◆お風呂で体を温めておく
脱毛石鹸で体を洗う前には、一度浴槽に浸かって体を温め、毛穴を開くようにします。
これだけで脱毛石鹸の有効成分がお肌に浸透しやすくなるのでムダ毛の毛根部にしっかりと効果を発揮させることができます。

 

◆脱毛石鹸を使用前にしっかり泡立てる
脱毛石鹸をしっかりと泡立てることが大切です。
タオルでも泡立ちますが、やはりキメの細かい泡を作るには泡だてネットを使用するのがもっともスピーディーで確実です。
この泡だてをきちんとしないと成分が浸透していきにくいので要注意です。

 

◆タオルでゴシゴシ皮膚を擦らない
脱毛石鹸の泡をつけてタオルなどでゴシゴシ体をこすって洗わないようにしましょう。
あくまでも泡でムダ毛の気になる部分を包み込むようなイメージで使用します。
皮膚を擦ると肌荒れや色素沈着などのお肌トラブルの原因になる可能性もあるので要注意です。

 

◆泡を5分程度そのままにする
脱毛石鹸の泡を皮膚にたっぷりつけて体を洗ったあとに、すぐに泡を洗い流さないようにしましょう。
脱毛成分が浸透するのを助けるためにも最低5分程度はそのままにしておくとより高い脱毛効果が期待できます。
ほんの少しの手間がツルツルの美肌を作るのです。

 

◆しっかりと洗い流す
5分程度お肌を泡で包んで放置したら、あとはしっかりとぬるめのシャワーで脱毛石鹸の泡を洗い流すようにしましょう。
この時に洗い残しがあると肌荒れの原因になるので丁寧に流すことが大切です。

 

以上が脱毛石鹸の効果的な使い方のポイントでした。
それほど深く考える必要もない基本的なことばかりですので毎日の習慣にしてみてください。

脱毛石鹸の効果は本当にある?

脱毛石鹸、手軽に脱毛ができると人気です。
でも脱毛石鹸って効果は本当にある?と疑問に思われる人も多いでしょう。
石鹸で洗うだけでムダ毛が無くなってしまうとしたら、とても嬉しいですがそんなことあり得るのかって疑ってしまうのも分かります。

 

脱毛石鹸に配合されている成分を見てみると、タンパク質を溶かす作用がある成分パパイン酵素や、毛が生えてきにくくなるように働きかけるというプロメライン、レアディバリカタ葉エキス、
そしてホルモンバランスを整えたり保湿効果もあるというイソフラボンなどが配合されています。

 

多くの石鹸は、ムダ毛処理をする際に一緒に使うことで、その後生えてくるスピードが遅くなるように働きかけてくれるタイプが多いです。
それを繰り返す事で、結果的にあまりムダ毛が生えないという風に変化していくのです。

 

脱毛石鹸の良いところは、肌荒れを防ぐ成分や保湿成分を配合しているので、肌を乾燥させずにムダ毛処理ができるという点です。
カミソリと併用する事もあると思いますが、その場合でもこれらの石鹸があれば、肌荒れがおこりにくくしてくれます。

 

石鹸の値段はメーカーによって様々です。手軽に試せるものからはじめてみるのも良いでしょう。
石鹸は身体を洗うためのものだという考えはもう古いです。最新の石鹸は脱毛までできてしまうのです。

 

イソフラボンは、毛が生えてくるのを抑制する働きが期待されると言われていますし、レアディバリカタ葉エキスも同じような抑毛効果がある事が分かっています。
そして再び生えてくる毛もしっかりしたものではなく、細くて弱い毛になっている事が多いので、徐々に毛の量が減るのです。

 

パパイン酵素などたんぱく質を壊す成分が配合されていると聞くと、少し不安になるかもしれませんが、毛の根っこの部分のたんぱく質を溶かすことで毛が抜けやすくなります。

 

刺激を与えずにするっと抜けてくれるのはこの成分のおかげです。
どの石鹸も似たような成分が配合されていますが、保湿成分や美容成分で少し違いがあるようです。

脱毛石鹸のメリット・デメリット

脱毛石鹸にはメリットとデメリットがあります。
メリットは3つあります。
1つめは簡単に使用できることです。
脱毛石鹸には、抑毛成分や肌表面に出ている毛を取り除く働きがあります。普段体を洗うように使用ができます、石鹸をよく泡立てて、体を洗い、泡が付着した状態でしばらく放置をします。
製品によって放置時間は違いますが、60秒から3分ほど放置をしたら洗い流します。
カミソリや毛抜きなどで処理をする場合、時間がかかってしまうし、手間もかかりますが、脱毛石鹸ならいつも体を洗うのと同じように使用できて、短時間で簡単にムダ毛処理ができます。
2つめのメリットは痛みが少ないことです。
レーザー脱毛は高い脱毛効果があるのですが、肌が熱を持つため強い痛みを感じます。
家庭用の脱毛機や毛を引き抜くときにも、レーザー脱毛ほどではありませんが痛みがあります。
一方、脱毛石鹸ならレーザー脱毛のように熱が発生したり、無理に毛を引き抜くものではないので、痛みがありません。
3つめは匂いが気にならないことです。
脱毛クリームはツンとした特有の匂いが特徴です。匂いが苦手な方もいるのではないでしょうか。
一方、ほとんどの脱毛石鹸は植物性の原料で構成されているので嫌な匂いがありません。
デメリットは3つあります。
1つめはドラッグストアでは手に入れにくいことです。
多くの場合、脱毛石鹸は通販で販売されています。購入経路が限られているのです。
2つめは顔に使用できないことです。
脱毛石鹸には毛のタンパク質を溶かす成分が配合されていて、眉毛に付着をして眉毛を処理してしまったり、目に入る危険があります。
そのため、顔への使用は避けるように記載されています。
3つめは個人差があることです。
毛を溶かす成分の働きは、毛の濃さや使用方法などによって変わります。また、抑毛成分の働きはホルモンバランスの影響を受けます。
そのため、変化の実感の仕方には個人差があり、満足できる変化を実感できないことがあります。

脱毛石鹸の選び方

脱毛石鹸は、よく泡立てた石鹸で体を洗うだけ、簡単にお手入れができる石鹸のことです。
人気が高まりさまざまな商品があります。

 

しかし、香りや泡立ちなどさまざまな特徴がある製品の中から選べるのはうれしいですが、たくさんの商品があると迷ってしまうと思います。では、どのような選び方をすればいいのでしょうか。

 

脱毛石鹸には、抑毛成分や除毛成分が配合されています。
その割合は製品によって違います。成分の特徴を知って、目的にあった脱毛石鹸を選びましょう。
ムダ毛を生えにくくしたい方には、抑毛成分を中心に配合している石鹸がおすすめです。
抑毛成分として配合されるものには、大豆イソフラボンやプエラリアミリフィカなどがあります。
大豆イソフラボンは、大豆に含まれる女性ホルモン様作用がある成分です。男性ホルモンが多いと体毛が濃くなると考えられていて、女性ホルモンに似た働きが体毛を抑制すると期待できます。
プエラリアミリフィカにも女性ホルモン様作用があります。
抑毛成分を多く配合すると、その分毛を除去する成分の配合割合が少なくなるので、肌への刺激が穏やかになります。肌への刺激が気になる方にもおすすめです。
表面に出ている毛を処理したい場合は、毛のタンパク質に作用をする成分を主に配合している石鹸がおすすめです。
ムダ毛を処理するも成分には、植物系成分と人工成分があります。
植物性の成分とは、タンパク質を溶かす働きがある酵素のことです。パパインやブロメラインがあります。
人工的な成分には、チオグリコール酸カルシウムや水酸化カルシウムがあります。人工的な成分は植物系成分よりも働きが強い特徴があります。
つまり、肌にも刺激が強いということです。肌もタンパク質でできているので、脱毛石鹸を使用するたびに肌に刺激を与えることになります。
肌が弱い方は、パッチテストをして肌に異常が出ないことを確認してください。
また、美容成分を配合した脱毛石鹸もあります。ムダ毛対策だけでなく美肌対策をしたい方におすすめです。

脱毛石鹸を使用する際の注意点

脱毛石鹸には、使用する際の注意点がいくつかあります。

 

まず、脱毛石鹸を(普通の石鹸感覚で)洗髪や洗顔に使うことはやめてください。
顔のムダ毛処理に使いたいと思わる方があるかもしれませんが、それはお勧めしません。“抑毛成分や除毛成分”が含まれている脱毛石鹸で洗顔をすれば眉毛や睫毛、生え際の髪の毛にダメージを与えるリスクがあるためです。
脱毛石鹸を使う時には、顔や髪につかないよう注意をし、ついてしまったときには、なるべく直ぐに洗い流しましょう。

 

また、脱毛石鹸の殆どは、毎日使えるよう肌に優しい成分で作られていますが、それでも人によっては使用後に肌荒れを起こしてしまうケースがあります。よって、脱毛石鹸を買ったら、まずは腕や脚でパッチテストを実施、炎症が起きないことを確認してから全身に使うようにして下さい。

 

加えて、商品パッケージ等に書かれた使用方法を守ることも大切です。
脱毛石鹸には、ムダ毛にアプローチするだけでなく、通常の石鹸同様に汚れや不要な皮脂を落とす効果があるため、(早くムダ毛を目立たなくしたいからと)1日に何度も繰り返し使うなど勝手な使い方をしてしまうと、肌の乾燥や炎症を招きかねません。気を付けましょう。

 

なお、脱毛石鹸と一口にいっても、「ムダ毛が生えてくるのを抑えるタイプ(女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンや豆乳などを配合)」や「生えているムダ毛を目立たなくするタイプ(ムダ毛のタンパク質を分解するパパインなどを配合)」、「ムダ毛にダイレクトにアプローチするタイプ(チオグリコール酸カルシウムなど化学物質を配合)」などがあり、どれを選ぶかによって効果や肌への刺激は変わってきます。
そのため脱毛石鹸を買うときには、その石鹸に配合されている成分をきちんとチェックし、期待する効果や自分の肌質などに合うことを確認しながら商品選びをすることが重要です(敏感肌の方は肌への刺激が強い化学物質を配合したタイプのものは避けるのが無難でしょう)。

更新履歴